08

「お通夜」と申しますのは、夜を通して、最後の看取り、看病をさせていただく場であります。また別の言い方をしますと、「夜伽(よとぎ)」と申します。「伽(とぎ)」とは、「お伽話(おとぎばなし)」のことであります。子供に寝物語をして、その相手をしたり…つまり、語り相手をし、看病することなんです。

 息をされてるわけではないけれど、まだ生きておられるお姿を装うのであります。

最後の別れに会えなかった親しき方々が大急ぎで駆けつけて、一夜最後の看病、最後のお看取りをさせてもらうひと時なのです。ただ涙にかきくれる方もありましょう。

 宮城 顗(みやぎ・しずか)という先生が、「人を失った悲しみの深さは、生前にその人からわが身が受けていた贈りものの大きさであった」という言葉を遺しておられます。

 喜びも悲しみも共にして、この厳しい人生を手をとり合って暮らしてきた、はげまし合って生きてきた人、また私をこの人間の世界へ送り出してくれた父や母。ここまで育ててくれた両親との別離。あるいは、幼子との別離の人もあり、深い悲しみと嘆きを心に味わわずにはおれないこの世の現実があります。

 その時、これほど大きな悲しみが私をおおってしまうのは、平素は気づかなかったけれど、その人がいてくれることで大きな支えや生き甲斐などをこの私がいただき続けてきたからだと気づかされます。つながりの中に自分というものを与えられて生きているのが私でありますなら、大切な人の死は、それまで向き合ったこともない自分自身の「いのち」の事実でもあったと知らされます。

 それじゃ時間決めてお通夜のお勤めするのは何かと言いますと、あれは「お夕事(おゆうじ)」夕方のお勤めなんです。ご本人はお勤め出来ませんから、皆が代わりにご一緒させていただいているのでありまして、亡き人にお経あげるんじゃないんです。

 辛く悲しい現実ではありますが、あなたの後ろ姿を無駄にはいたしません。私自身の人生に深いお育てをいただきましたと手を合わせ、お念仏申します。

 今夜のお通夜をご縁として、お参りくださいました皆さんと共に仏縁を結ばせていただくひと時でありたいと願うばかりであります。

執筆者: 布教団HP担当 (7:02 pm)

   私のいのちは 私一人のものでなく
 お父さんお母さんのものです
 そして お父さんお母さんのものだけでなく
 それぞれの おじいちゃん おばあちゃんのものです
 それは また
 ひいおじいちゃん ひいおばあちゃんのもので
 もちろん ひいひいおじいちゃん ひいひいおばあちゃんのものでもあります
 粗末になんか できますか
 不幸になんて なれますか
 いのちの根は いま 私に託されているのです

 これは、中日新聞に載っていた「いのちの根」という八木春美さんというお方の詩です。

執筆者: 布教団HP担当 (2:13 pm)

みなさんは何度も読み返したくなるような文章がありますか?
 私は親鸞聖人のみ教えを学ばせていただくとき、ふと読み返したくなる文章がありま す。それは、龍谷大学宗教部が1978年5月21日に創刊し、無料で配布している『りゅうこくブックス』に書かれてある「発刊にあたって」という二葉憲香 元龍谷大学学長の文章です。ここに紹介させていただきます。

執筆者: 布教団HP担当 (12:42 pm)

「餅は餅屋」という諺があります。餅は餅屋でついてもらったものが美味しいように、ものごとはその道の専門家にまかせるのがいい、という意味です。
 ある方が、理髪店へ散髪に行かれたときの話です。耳の周りをカットしてもらう際に、「こうすればご主人もやりやすいだろう」とカットする側をご主人へ向けるために首を動かしました。反対側をカットしてもらう際も同じように首を動かしました。

行事案内

6月
25

2019/06/25 10:00 - 15:00

6月
26

2019/06/26 13:30 - 17:00

6月
27

2019/06/27 16:00 - 18:00

6月
30

2019/06/30 13:00 - 15:30

7月
1

2019/07/01 10:00 - 12:00

7月
1

2019/07/01 13:30 - 15:30

7月
1

2019/07/01 13:30 - 15:30

7月
2

2019/07/02 10:00 - 12:00

7月
2

2019/07/02 10:00 - 12:00